PS VR「適正価格」---オキュラス代表 | 東京IT新聞

PS VR「適正価格」---オキュラス代表

プロダクト ウェアラブル

3月15日より米サンフランシスコで開催になったSCEカンファレンスで、価格と発売日が発表された「PS VR」。44,980円(399ドル/399ユーロ/349ポンド)+税という本体価格が大きな話題になりました。気になるのは競合VRメーカーの反応ですが、Oculus VRの共同創業者のパーマー・ラッキー氏がインタビューを受け、それに答えています。

まずラッキー氏は、ソニーが以前から述べていた価格帯を約束通り保っていることを踏まえた上で、PS VRは適正価格だとソニーを賞賛しました。一方で同氏は、PS VRがOculus Riftよりもおよそ200ドル安いことについて、Oculus Riftのパッケージはコントローラーやリモコン型ワイヤレスデバイスとなるOculus Remoteの他、いくつかのゲームがセットになっているため、それほど大きな差はないと説明。

また、ラッキー氏はOculus VRがPS VRとは異なる市場に向けられたものである点を強調。Oculus Riftが、優秀なゲーミングPC所持者、あるいは高性能な新しいPCを購入できるパワーユーザーに向けたものであるのに対し、PS VRがPS4ユーザーあるいはVRに興味をもってこれからPS4を買おうとしているユーザーに向けたものだと、市場が重複していないことを分析しています。

PS VRがPS4というプラットフォームに特化した存在である、ということは確かにOculus VRとしては一安心といったところですが、強力なコミュニティと人気プラットフォームを運営するValveと、高い技術力をもつHTCのタッグが送り出す「HTC Vive」の存在は、同じ市場を争う純粋なライバルであると捉えることができます。VRデバイスメーカー各社が今後どのような動きを見せるのか、引き続き注目が寄せられています。

PS VRの価格をオキュラス代表ラッキー氏が賞賛「適正価格だ」

《scarecrow》

編集部のおすすめ

特集

プロダクト アクセスランキング

  1. 日本アプリ「CocoPPa(ココッパ)」 世界1000万女子を魅了し続ける理由

    日本アプリ「CocoPPa(ココッパ)」 世界1000万女子を魅了し続ける理由

  2. Siriを搭載…Mac向け次期基本ソフト発表 WWDC

    Siriを搭載…Mac向け次期基本ソフト発表 WWDC

  3. 今年はスマートテレビ元年?大手民放が続々とハイブリッドキャスト放送

    今年はスマートテレビ元年?大手民放が続々とハイブリッドキャスト放送

  4. <Android>アプリを指定した時間に起動させるツール「御起動様」とは

  5. <Androidアプリ>温度や気圧など測定可能な「MultiSensor」が1位に

アクセスランキングをもっと見る

page top