サイバー犯罪に官民一体で対処…サミットを控える三重 | 東京IT新聞

サイバー犯罪に官民一体で対処…サミットを控える三重

コンシューマー セキュリティ

株式会社ラックは3月16日、三重県警察本部(三重県警)とサイバー空間の脅威に対する共同対処協定を締結したと発表した。これは、サイバー犯罪の増加と手口の高度化・巧妙化に対する懸念から、官民一体となった対処の推進を目的としたもの。5月に伊勢志摩サミットの開催も控える三重県警は、県内においても増加しているサイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止を進めるため、ラックの技術力や経験を活用することを目的に、共同対処協定を締結したという。

今回の協定において想定している協力事項は次の通り。

・サイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止等に効果的な情報の交換
・サイバー犯罪等調査にかかわる手法、技術内容の提供
・サイバー犯罪等の手口に関する調査および研究内容の提供
・サイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止等に効果的な広報連携

高度化・巧妙化するサイバー犯罪に官民一体で対処を推進(ラック、三重県警)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top