位置検索見守りサービス「キンセイ」刷新 | 東京IT新聞

位置検索見守りサービス「キンセイ」刷新

コンシューマー 産業のIT化

 HAMOLOは3月17日、位置検索見守りサービス「キンセイ」をリニューアルし、JR西日本と共同でサービスを開始した。より持ち歩きやすい形状になったキンセイ端末は2,500円(税別)、キンセイアプリは月額480円(税込)で提供する。

 キンセイは、2014年に提供開始した位置検索見守りサービス。位置情報を把握したい子どもに専用端末(キンセイ端末)を持たせると、近くにいるサポーターが所有するスマートフォン(アプリを別途ダウンロードする必要あり)と通信し、キンセイ端末を持つ子どもの位置情報を記録する。アプリとシステムはHAMOLOが独自で開発した。2015年11月の実証実験と2016年2月下旬の試験運用を経て、JR西日本と共同でサービスを開始する。

 今回のリニューアルでは、キンセイ端末を子どもがより持ち歩きやすい形状に改良。端末のカラーバリエーションは10色に増え、リニューアルしたキンセイアプリを通してキンセイ端末の電池残量が確認できる。

 そのほか、キンセイアプリに位置情報通知機能とエリア通知機能を追加。位置情報通知機能により、キンセイ端末に反応する「定点レシーバー」を設置した施設(駅や学校等)を見守り対象者が通過すると、PUSH通知やメールにて、その施設を通過したという情報が保護者に通知される。また、エリア通知機能により、河川部や繁華街など、子どもにとって危険な場所への侵入に警戒する場合や、町内を出たら注意するというような使い方ができる。

◆リニューアル後のキンセイの概要
【キンセイ端末】
価格:2,500円(税別)
サイズ:縦60mm 横36.5mm 厚さ15mm
重量:約18グラム(基盤、電池込の重量)
色:カメオ・ピンク、プリムローズ・イエロー、サラダ・グリーン、アルパイン・ブルー、ベビー・ピンク、ルージュ、カスティール・ゴールド、エバー・グリーン、ターコイズ、アザリア
電池:コイン型リチウム電池「CR2477」×1

【キンセイアプリ】
OS:Android、iOS対応
月額:480円(税込)

位置検索見守りサービス「キンセイ」刷新、持ち歩きやすい形状に

《工藤めぐみ》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

    教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

  4. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  5. IoT時代には必要不可欠となる「フォグ・コンピューティング」とは一体何か

アクセスランキングをもっと見る

page top