「イヌパシー」愛犬の気持ちがわかる!? ウェアラブル | 東京IT新聞

「イヌパシー」愛犬の気持ちがわかる!? ウェアラブル

プロダクト ウェアラブル

 犬を飼ったことがある人なら一度は、犬の本当の気持ちを分かりたいなんて思ったことはないだろうか。そんな願いを叶えるようなデバイスが登場し、このほどクラウドファンディングを開始をしたことが話題になっている。

 イヌパシーが開発した犬用のIoTウエアラブルデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」というもの。犬の首に装着すると、生体情報を感知して喜び、リラックス、ドキドキなど精神状態を分析し色と光で伝えてくれる。またスマホと連動した独自の心拍変動解析システムによって犬の健康管理ができるという。

 ここ数年で、動物や自然などの情報を瞬時に「見える化」してくれるデバイスやアプリが続々と登場。物を言わない相手こそ、どうにか理解したい、もっと知りたいと思ってしまう人間の昔からの好奇心がテクノロジーによって一瞬で満されるようになってきた。普段は分からないからスルーしていたことが見えてしまう、その変化によって人の生活はどう豊かさを増していくのか、今後の「見える化」ツールの展開に期待が高まる。

愛犬の本当の気持ちがわかる!? 犬用ウェアラブル

《RBB TODAY》

編集部のおすすめ

特集

page top