飯田お練りまつり、演舞ルートをスマホで確認 3月25-27日 | 東京IT新聞

飯田お練りまつり、演舞ルートをスマホで確認 3月25-27日

コンシューマー 産業のIT化

長野県飯田市で3月25~27日の3日間、「飯田お練りまつり」が開催される。今回から来場者は、メインの出し物である「大名行列」や「東野大獅子」の位置情報をスマートフォン上で確認することができるようになった。

「飯田お練りまつり」は、寅(とら)と申(さる)の式年毎に行われる大宮諏訪神社に関する式年大祭だ。まつりの主催は飯田商工会議所を中心とした「飯田お練りまつり奉賛会」。まつりは3日間に渡り開催され、大獅子と大名行列の練り歩きでは47団体が演舞する。前回2010年は延べ32万人超の来場者があった。

レッドフォックス株式会社は、株式会社飯田ケーブルテレビと協力し、「飯田お練りまつり」にクラウドサービス「GPS Punch!」を提供する。まつりの公式サイト内に、「GPS Punch!」特設ページが25日から公開される予定だ。来場者は「大名行列」や「東野大獅子」の位置をスマートフォンやPCで確認して、まつりを効率的に楽しめる。

飯田ケーブルテレビ情報政策室の中島正浩室長は、「お練りまつりは、飯田の街中を40以上の催し物が練り歩く。それぞれの演舞ルートが異なることもあり、お目当ての団体が現在どこで演舞しているのか把握するのは容易でなかった。今回、レッドフォックスの位置情報サービス導入により、リアルタイムで演舞場所を確認できることはもちろん、駐車場(混雑状況含む)、トイレ位置の情報を配信できるようになった」と説明する。

「GPS Punch!」を提供するレッドフォックスは、スマートフォンで利用できるビジネスクラウドサービスを建設、住宅、介護業界、金融業界の営業、メンテナンス業務に提供し、業務を支援している。「GPS Punch!」は位置情報を活用して現場の業務を効率化し、利益向上をめざすビジネスクラウドだ。

飯田での実績をもとにレッドフォックスは、「GPS Punch!」をお祭りニーズ向けに、日本全国で約1万4000件あるお祭り(出典:公益社団法人日本観光振興協会)のニーズに応えていく。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  2. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  3. IoT時代には必要不可欠となる「フォグ・コンピューティング」とは一体何か

    IoT時代には必要不可欠となる「フォグ・コンピューティング」とは一体何か

  4. マイナンバーカードを身分証に活用…内閣官房が導入

  5. 教育現場でタブレット端末浸透 2020年の「1人1台目標」前倒しが進む

アクセスランキングをもっと見る

page top