ツイッターの変わったこと・変えたこと…10周年 | 東京IT新聞

ツイッターの変わったこと・変えたこと…10周年

エンタープライズ 市場動向

 Twitterが登場から10周年を迎えた。Twitterは10年前の2006年、ポッドキャスティングの会社「Odeo」のプロジェクトの1つとしてスタート。2006年3月21日に、創業者のジャック・ドーシー氏(@jack)により、初めてのツイートが行われたという。

 Twitterが発表した年表によると、2007月8月より「ハッシュタグ」(#)が登場。2009年4月に、アシュトン・カッチャーさん(@aplusk)のアカウントが、Twitter史上初の100万フォロワーに到達した。

 Twitterへの注目が高まったのは、2011年1月の「アラブの春」。エジプトの民主化運動の様子がTwitter上で拡散し、政治の世界にも大きな影響を与えた。また同年3月の「東日本大震災」時にも、Twitterを活用する人たちが多数登場。日本政府や地方自治体で利用され始めた。2012年11月には、オバマ大統領(@BarackObama)による勝利宣言ツイートが、リツイート数の最高記録を更新。Twitterは、ネット上の個人向けサービスから、世界中の人たちに影響を与えるインフラ的な存在へと変化した。その後もオリンピックやワールドカップなど、さまざまなイベント開催に合わせ、Twitterも拡大を続けている。Twitterの鳥ロゴも、2006年・2008年・2009年・2010年・2012年と5回も変化している。

 現在の記録として、もっともリツイートされたツイートは、米テレビ番組「エレンの部屋」のツイートが330万リツイート、もっともフォロワーが多いユーザーがケイティ・ペリー(@KatyPerry)で8400万フォロワー、1分間のツイート数がもっとも多かったイベントが2014年FIFAワールドカップ決勝で1分あたり61万8,725ツイートとのこと。なお国内のユーザーでもっともフォロワーが多いのは、有吉弘行氏(@ariyoshihiroiki)で549万フォロワーとなっている。

 このように、Twitter自体が変化した点、Twitterが世の中を変革した点、双方がこの10年間に起きている。またマーケティング領域について、Twitterは、以下の10個のトレンドを生み出してきたとしている。

(1) 本物のブランドの声を提供
(2) リアルタイムマーケティング
(3) 文化的ムーブメントの創出
(4) デジタル時代の新しいクリエイターの登場
(5) パーソナライズされたコンテンツ
(6) セカンドスクリーンからファーストスクリーンへ
(7) ライブ動画
(8) ハッシュタグと視覚表現の新しい形
(9) カスタマーサービスから献身的な顧客体験へ
(10) 共有できる体験の提供

Twitterが10周年、Twitterの変わったこと・変えたこと

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top