“マテリアルデザイン”でスルスル---乗換アプリ「駅すぱあと」 | 東京IT新聞

“マテリアルデザイン”でスルスル---乗換アプリ「駅すぱあと」

プロダクト アプリ

 入学や就職で、新生活が始まる春シーズン。ヴァル研究所は、乗換案内アプリ「駅すぱあと」のAndroid版を、全面リニューアル。最新版となる「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」をリリースした。動作速度やインターフェイスを大幅改善したという。

 「駅すぱあとfor Android ver.3.0.0」については、2月8日よりオープンβテストを実施。フィードバックをもとに最終調整を行い、3月22日に正式リリースされた。Googleが提唱する「マテリアルデザイン」を正式採用。いままでの丸みを帯びたボタンや、複数色を利用した画面から、よりシンプルでエッジの効いたデザインに変化している。経路検索後は右下に配置された★ボタンから、登録が可能。

 また、動作速度がおおきく改善されており、最大58%短縮したとのこと。「マテリアルデザイン」に基づき、細かな部分で“アニメーション”による動作表現を駆使しているが、確かに、画面切り替えなどのもたつきを感じることはなく、スルスルと動作するようになっている。駅名の検索時間も、最大42%短縮されているという。

 そのほか、自宅やよく行く場所を、位置情報(GPS)・地図・住所入力で登録できる「Myスポット」を搭載。出発・到着地を位置情報(GPS)で指定した経路検索などにも対応している。経路検索結果の表示数も、従来の4件から8件まで拡大した(PREMIUM機能)。さらに、「路線図」の駅メニュー上の駅名にふりがなを追加するなど、使い勝手も向上している。

 アプリはGoogle Playから無料でダウンロード可能。

“マテリアルデザイン”でスルスル動作に、乗換アプリ「駅すぱあと」が大幅刷新

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

プロダクト アクセスランキング

  1. <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

    <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

  2. XP延命に打開策「攻撃を確実に止められる!」と標榜するソフトの真相

    XP延命に打開策「攻撃を確実に止められる!」と標榜するソフトの真相

  3. 「どこに置いた?」スマホで音を鳴らす、距離を測る

    「どこに置いた?」スマホで音を鳴らす、距離を測る

  4. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  5. まだ600万台が「XP」!使い続ける人へ日本MSが発した4つの“お願い”とは

アクセスランキングをもっと見る

page top