予防接種をモバイル管理 | 東京IT新聞

予防接種をモバイル管理

コンシューマー 産業のIT化

 西日本電信電話四国事業本部(以下NTT西日本四国事業本部)とミラボは、子育て支援分野に関して提携し、3月22日より子育てモバイルサービスを「跳べTOBE子育て応援ナビ」として、愛媛県砥部町で提供開始した。今後四国全域の自治体でサービスの展開を図る。

 現在、地方自治体は急速な少子高齢化の進展に直面しており、地域経済の発展や活力ある地域社会の形成など大きな課題を抱えている。NTT西日本四国事業本部では、このような地方自治体の地方創生実現のため、ICTを活用した街づくりを目指し、その一歩として自治体向けに出産・子育て支援の提案を行ってきた。

 今回、このNTT西日本四国事業本部と、自治体向け予防接種および健診モバイルサービスを開発するミラボ、NTTビジネスソリューションズ四国支店が連携し、愛媛県砥部町で予防接種スケジュール自動調整機能付き「子育てモバイルサービス」を提供することとなった。

 子どもの予防接種は年々複雑化しており、スケジュール管理が大変になってきている。接種ミスも起こり、子育て世代にとっては大きな不安材料。「子育てモバイルサービス」は、子育て世代が安心して子育てできるように、予防接種の管理も含め、子育てに関する情報が確実に利用者に伝達されることを目的としている。

 利用者は、所有している携帯電話やスマートフォンなどから、利用者ごとの予防接種スケジュールを確認できる。接種の結果に応じて、接種間隔や回数変化、法改正による接種追加に自動で対応するミラボの独自システムにより、次の予防接種日程のスケジューリングが可能。予防接種日が近づくと、利用者に「お知らせメール」が届くので、接種忘れを防ぐこともできる。

 今後は、「住みつづけたくなる活気ある街づくり」の実現に向けて、四国全域の自治体へサービスの展開を図る。また、「子育てモバイルサービス」はオプション機能として、成人健診スケジュール機能などのサービスをラインナップしており、子育て記録の管理機能やカレンダー・メモ機能などを追加し、バージョンアップをする予定。

予防接種をモバイル管理、NTT西日本とミラボが子育て支援

《森井ゆか》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. 実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

    実はすごい「ホームドア」 鉄道の自動運転化には欠かせぬ存在だった

  3. <IT坊主の説話>実は「経営」や「経済」は仏教から生まれた用語だった

    <IT坊主の説話>実は「経営」や「経済」は仏教から生まれた用語だった

  4. 沖縄初のICカード「OKICA(オキカ)」登場!注目は本土にない独自性

  5. 人工知能やIoT分野で飛躍する日本企業、ビッグデータ規制を緩め支援を

アクセスランキングをもっと見る

page top