手作り限定100個! サザエの貝殻を使ったサザエラジオ | 東京IT新聞

手作り限定100個! サザエの貝殻を使ったサザエラジオ

ソリューション ものづくり

 ベイエフエムは23日、千葉県で獲れた本物のサザエの貝殻を使用した「SAZAE RAIO(サザエラジオ)」を発表した。数量限定のハンドメイド製品で、4月1日より発売される。

 SAZAE RADIOは、千葉県館山などで獲れた本物のサザエの貝殻にラジオの基盤が埋め込まれた製品。1個1個手作りされており、3,980円(税込)で限定100個が販売される(応募者多数の場合は抽選)。発売日は4月1日で、発送予定日は5月中旬頃を予定している。

 製造工程は以下の通り。まずはサザエを洗い、次に漂白剤につける。そして乾燥させた後に磨き、綺麗にした貝にラジオの基盤を埋め込み、エポキシ粘土で固定している。

 製品はmicro USB端子で充電する仕様で、1回の充電で2時間の起動が可能。青いつまみのボリュームダイヤルでは音量を調整できる。コンパクトなボディのわりに大きなスピーカーが搭載されており、大人数でもラジオを楽しめる。ちなみに貝殻の内部空間は、響きの増幅という面でもプラスに働いているという。メインスイッチでは電源のオン・オフのほか、選局も可能。FM放送はもちろん、ワイドFMによるAMラジオ番組も楽しめる。貝殻から伸びたアンテナ線は、高感度を実現するためのもの。

 サイズは個体差があるものの、およそ10×10×10cm程度。当然のことながら、面倒なWi-FiやBluetoothの設定は一切必要ない。スイッチを入れれば、すぐにラジオが楽しめる仕様だ。発表会の会場で試聴した限りでは、コンパクトなのに大音量が出ていた。電波のつかみも良く、それゆえ高音質で長くラジオが楽しめる印象だった。

手作り!限定100個!サザエの貝殻を使ったbayFMの「サザエラジオ」とは?

《近藤謙太郎》

編集部のおすすめ

特集

ソリューション アクセスランキング

  1. 世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

    世界が注目!日本の技術&アイデアで「宇宙のゴミ」を網で大気圏へ落とす

  2. テスラ、自動運転機能を実用化 日本国内で初めて

    テスラ、自動運転機能を実用化 日本国内で初めて

  3. 東大発の技術を活用!家庭用プリンタで回路印刷OK 電子工作の未来が変わる

    東大発の技術を活用!家庭用プリンタで回路印刷OK 電子工作の未来が変わる

  4. <湯川鶴章>急速に進化する人工知能(AI)が人間社会にもたらす影響と未来

  5. アプリと3Dプリンタ活用“義手”の世界に革命起こす「handiii(ハンディ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top