東京都中小企業振興公社、ASEANへのビジネスマッチング支援を本格的に開始 | 東京IT新聞

東京都中小企業振興公社、ASEANへのビジネスマッチング支援を本格的に開始

エンタープライズ 市場動向

公益財団法人東京都中小企業振興公社が、タイ王国とのタイビジネスマッチングサポートを本格始動する。

公社は、昨2015年12月に、初めての海外支援拠点をタイのバンコクに開設した。AEC(ASEAN Economic Community)発足など、発展をとげる東南アジア諸国連合(ASEAN)の地理的経済的中心に位置するタイを拠点に、タイ国内の企業だけでなく、周辺国への展開も視野に入れたビジネスマッチング支援を強化する。

タイ事務所には開設以来、日タイの企業や公的機関など、すでに約250人の来訪者があり、相談に応じているという。

このたび、タイ事務所サイト上に支援企業やタイ拠点を紹介する動画をアップし、日タイビジネスマッチングサポートを本格始動した。

公社では、タイ工業省やカシコン銀行、東京都立産業技術研究センターバンコク支所などと連携しながら、都内中小企業の海外展開を現地でサポートする。さらにタイをはじめとしたASEAN諸国でのビジネスネットワークの拡大に取り組んでいる。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top