お遍路にチャレンジする2人、自分と地域を救えるか? | 東京IT新聞

お遍路にチャレンジする2人、自分と地域を救えるか?

エンタープライズ 経営

“世界一頑張れない”日本の若者が、四国四県八十八ヶ所の霊場を巡るお遍路を通じて葛藤・成長する---。地域および地元ケーブルテレビ局の活性化に向け、お遍路をテーマにしたウェブオリジナル番組がスタートする。

博報堂DYメディアパートナーズと徳島県のケーブルテレビ徳島(テレビトクシマ)は共同企画として、「ニッポンナビチャン」上でウェブオリジナル番組「夢遍路」の配信を、4月4日から開始する。1400kmをたどるのは徳島を中心に活動する若手芸人コンビ「ランダムハンター」だ。2人が完全歩き遍路に挑む姿をリアルタイムで配信する。

「ニッポンナビチャン(ニッポンナビゲーションチャンネル)」は、日本全国のテレビ局、新聞社、出版社、ラジオ局などの動画コンテンツを集め た地域紹介ポータルサイトだ。プロの媒体社・コンテンツホルダーが制作した質の高い動画を通して、各地の魅力を地域内外の生活者へ配信している。サイトの運営・配信は博報堂DYメディアパートナーズ。

「夢遍路」は全行程を4Kで撮影する。また観光客誘致のために、多言語による動画配信などに取り組む予定だ。

本番組の制作配信を通じて、博報堂DYメディアパートナーズは、地域の動画コンテンツをネット配信することにより、ビデオアド市場の創出と地域放送局の新たな収益機会の拡大を図る。テレビトクシマは、ビデオアドやIP放送による新しい事業モデルの導入と、全国への4K映像での地域情報発信による地域共生をめざす。

今から約1200年前に、お大師さま(弘法大師、空海)が開設した、四国の霊場をめぐる旅が四国遍路だ。厳しいお遍路を、世界一頑張れないと言われる日本の若者は自力で踏破し、夢見る力を取り戻すことができるのだろうか?
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top