大画面スクリーンを指差してコントロール…BIRDとは | 東京IT新聞

大画面スクリーンを指差してコントロール…BIRDとは

プロダクト ウェアラブル

 イスラエルに拠点を構えるMUV Interactiveが開発した、指先に装着できるウェアブルタイプの入力デバイス「BIRD」が、日本の輸入総代理店であるシリコンテクノロジーを通じて5月18日に発売される。

 価格は49,800円(税別)。ソフトバンクコマース&サービスやリコージャパン、ドスパラなどのパートナーを通じて店頭に並ぶ。予約受付は3月24日から。4月中旬にはドスパラで数量限定の先行販売も始まる。

 BIRDはビジネスや教育現場でのプレゼンテーションを支援するツールとして開発された、指先に装着して使うウェアラブルマウスのような入力デバイスだ。開発を行ったMUV Interactiveはイスラエルに拠点を構えるベンチャー企業。同社の製品が日本に紹介される機会はこれが初めてとなる。

 本日24日に開催された発表会にはCEOのRami Parham氏、COOのYuval Ben-Zeev氏が来日し参列。Parham氏は「イスラエルは小国ながら、エンジニア精神に富んだ有能な人々が集まるデジタル先進国。日本とは先進技術において密接な協力関係にある国どうしなので、今回当社のBIRDを日本で発売できることをとてもうれしく思う」と述べた。

 商品の詳しい紹介は同社COOのBen-Zeev氏が担当した。BIRD本体は指先に装着する入力デバイスと、プロジェクターなどスクリーン機器にUSBでつなぎ、センサーから飛んでくる信号を受けて処理するセンサー部で構成される。入力デバイスを装着したユーザーは、プレゼンテーションの大画面スクリーンなどディスプレイに向かって指先を動かしたり、スクリーンに触れてタッチ操作を行うことで、PCの画面をマウスで操作する感覚でプレゼンテーションがハンドリングできるようになる。入力デバイスの先端にはポインティング用のLEDも搭載されているので、スクリーン上で指示している位置がわかる。入力デバイスとセンサーユニットの間は約10m離れても低遅延の信号伝送が可能。

 入力デバイスとセンサーの間はBluetoothにより接続。センサーに内蔵する磁気・加速度など多彩なセンサー、本体のタッチパネルから入力された操作信号などをBluetoothで受けながら処理。同時に画面上をポインティングしている位置情報を赤外線で飛ばして、センサーユニット側に内蔵する小型カメラによるキャプチャと合わせて正確に把握する。プレゼンテーションの画面内にあたかもインタラクティブに操作しながら働きかけているような操作感が得られるのが特徴だ。

 入力デバイスの先端をクリックすると、マウスでPCの画面をクリック入力するような操作感でポインタを合わせている箇所が選択できる。そのままデバイスの先端を“つまむ”ような感覚で長押しすると、今度は画面上のオブジェクトをスナップしながら動かせるようになる。

 デバイスの側面にはタッチパッドとホームボタンも搭載されており、「使い始めのころに先端のクリック操作に慣れないという方は、タッチパッドも併用して簡単に入力操作ができる」(Ben-Zeev氏)という。タッチパッドは上下左右のスワイプやズームイン・アウトなどの入力操作に対応する。

 さらに簡易なジェスチャー入力にも対応しており、無償で提供される管理・コンフィグアプリ「BIRD App」からジェスチャー入力をオンにすると、入力デバイスを装着した手を左右にスワイプしてプレゼンテーションのページをめくったり、ソフトボールを投げるように下から上にすくい上げる動作でプレゼンテーションを開くといった操作が可能だ。なお、アプリはWindows PC版が同時にリリースされ、続いてAndroid、Mac、iOSの順に提供していく計画があるという。同社のスタッフによれば「将来はAndroid TVのプラットフォームにも対応できるようになる予定。大画面テレビのメニュー画面がBIRDで直接動かせるようになる」というプランもあるようだ。

 入力デバイスは最長9時間の連続使用に対応する。本体を指から外してテーブルの上などに置くと、自動的にスタンバイ状態に切り替わるパワーセーブモードも備えた。商品パッケージには入力デバイスを5回フル充電にできる専用クレードルも付属する。クレードルによる本体の充電は30分で満タンになる計算だといいう。

 同梱されるセンサーユニットはUSB端子でデータプロジェクターなどのディスプレイデバイスに接続する。そのバッテリーはプロジェクターなどの機器からバスパワー給電する格好だ。Ben-Zeev氏は、「すでにビジネスや教育現場にインストールされている多くのプロジェクターが、BIRDを導入するだけで簡単にインタラクティブツールに早変わりする。今後はディスプレイ機器のメーカーとも積極的にパートナーシップを構築しながら、BIRD対応の機能をプリインした製品なども実現したい」と意気込む。

  Ben-Zeev氏は「私たちはBIRDにより、タッチスクリーンを最発明した。プロジェクターによって投写された100インチ超の画面が“タブレット”に早変わりする感覚」と自社製品BIRDの革新性をアピールする。

 今後のBIRDの展開についても壇上でコメントした。Ben-Zeev氏は「例えばAR/VR産業にもコラボレーションを呼びかけたい。VRヘッドマウントディスプレイで見る映像を、BIRDで触れながら操作できるようになればユーザーメリットにつながる」としたほか、ドローンを今よりもっと簡単に操作できるコントローラーとしてもBIRDが有用なデバイスであると語る。

 発表会場では、CEOのParham氏が現在開発を進めるドローンのコントローラーアプリケーションとともに、BIRDによるクアッドコプター型ドローンの操作を実演。ハンドジェスチャーによりドローンを上昇・下降、左右に移動させながら動かしてみせた。「BIRDはベーシックな人間の動作をそのままドローンに伝えてくれるので、とても直感的な操作感覚をかなえてくれるだろう」とParham氏。ほかにもIoT機器やスマート家電をBIRDから直接操作するような、パートナーシップの拡大とソフトウェアの開発にも力を注いでいきたいとした。

大画面スクリーンがタブレットに!? イスラエルのベンチャー発「BIRD」とは

《山本 敦》

編集部のおすすめ

特集

プロダクト アクセスランキング

  1. <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

    <Androidアプリ>湿度も計れる実用的な「デジタル温度計」が人気

  2. <Android>スマホでもっと音楽を楽しもう!再生アプリのベスト3

    <Android>スマホでもっと音楽を楽しもう!再生アプリのベスト3

  3. バスケットボールの試合を記録&分析するアプリ

    バスケットボールの試合を記録&分析するアプリ

  4. iPhone 8で採用? アップルが折りたたみスマホに関する新特許取得

  5. モバイル決済の米スクエア、日本でも「アップルペイ」に対応へ

アクセスランキングをもっと見る

page top