あなたも「いわしキング」、デジタルで5万尾をあやつれ | 東京IT新聞

あなたも「いわしキング」、デジタルで5万尾をあやつれ

ソリューション 人工知能

自然界のいわしが、サメやマグロなどの外敵から身を守るために、群れをなして行動する姿は「サーディンラン」と呼ばれ、その様子は“海中ショー”とも称される。

横浜市の水族館『横浜・八景島シーパラダイス』のアクアミュージアムでは、5万尾のいわしの「サーディンラン」をモチーフにしたアトラクションブース「デジタルいわし」を、3月26日より5月8日まで展示する。AI(人工知能)搭載した体験型デモンストレーションだ。

「イワシの魚群トルネードデモ」では、大画面に投射される「デジタルいわし」が、(1)外敵が近づいたら逃げる、(2)集団で泳ぐ、(3)餌を得るといった、自然の海で生き残るための行動を再現する。さらに見学者が、いわしの大群を統率する「いわしキング」を、タッチパネルを操作できる。

「デジタルいわし」は、センシング&コントロール技術をもつオムロンと横浜・八景島シーパラダイスとのコラボレーションによって実現した。

『横浜・八景島シーパラダイス』の水族館アクアミュージアムでは5万尾のいわしが「サーディンラン」を披露している。いわしには、敵から身を守るために密度の高い塊になる習性があり、空や海中からの危機を集団で回避する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top