「VR ZONE」がオープン 4月15日から | 東京IT新聞

「VR ZONE」がオープン 4月15日から

コンシューマー サービス

 「Oculus Rift」「HTC Vive」、そして「PlayStation VR」と、今年は立て続けにVRヘッドセットが販売され、「VR元年」になりそうな勢いだ。ただ、その価格の高さから、一気に普及する見込みは低く、まだまだ一般人が手軽にVRを楽しむには時間がかかりそうなのも事実。

 そんななか、バンダイナムコエンターテインメントが、VRゴーグルやドームスクリーンなどの新技術を使い、エンターテインメントの新領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」を発表した。「Project i Can」は、VRをはじめとした最新技術と体感マシン技術をかけ合わせ、新しいエンタメを作り出そうというものだ。

 さらにこのプロジェクトでは、4月15日~10月中旬の期間限定で、「ダイバーシティ東京プラザ」(ゆりかもめ台場駅徒歩5分/りんかい線東京テレポート駅B出口徒歩3分)に、VRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」(運営:ナムコ)もオープンする。この施設は、実際に遊んだプレイヤーの意見を収集し、今後のVRエンタメに役立てるのが狙いとのこと。予約制で運営され、4月8日正午より予約受付を開始する。

 「VR ZONE Project i Can」では、以下の6コンテンツを提供。いずれも有料でプレイできる。将来的には直営店での運営、アミューズメント店舗でのコーナー展開などを目指す。

・極限度胸試し『高所恐怖SHOW』 1000円
・急滑降体感機『スキーロデオ』 700円
・スポーツ走行体験マシン『リアルドライブ』 700円
・ホラー実体験室『脱出病棟Ω (オメガ)』 800円
・VR鉄道運転室『トレインマイスター』 700円
・VRシネマティックアトラクション『アーガイルシフト』 700円

※料金は電子マネー「バナコイン」での支払となる

VRエンタメを今すぐ体感! ナムコが「VR ZONE」を期間限定オープン

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

page top