「VR ZONE」がオープン 4月15日から | 東京IT新聞

「VR ZONE」がオープン 4月15日から

コンシューマー サービス

 「Oculus Rift」「HTC Vive」、そして「PlayStation VR」と、今年は立て続けにVRヘッドセットが販売され、「VR元年」になりそうな勢いだ。ただ、その価格の高さから、一気に普及する見込みは低く、まだまだ一般人が手軽にVRを楽しむには時間がかかりそうなのも事実。

 そんななか、バンダイナムコエンターテインメントが、VRゴーグルやドームスクリーンなどの新技術を使い、エンターテインメントの新領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」を発表した。「Project i Can」は、VRをはじめとした最新技術と体感マシン技術をかけ合わせ、新しいエンタメを作り出そうというものだ。

 さらにこのプロジェクトでは、4月15日~10月中旬の期間限定で、「ダイバーシティ東京プラザ」(ゆりかもめ台場駅徒歩5分/りんかい線東京テレポート駅B出口徒歩3分)に、VRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」(運営:ナムコ)もオープンする。この施設は、実際に遊んだプレイヤーの意見を収集し、今後のVRエンタメに役立てるのが狙いとのこと。予約制で運営され、4月8日正午より予約受付を開始する。

 「VR ZONE Project i Can」では、以下の6コンテンツを提供。いずれも有料でプレイできる。将来的には直営店での運営、アミューズメント店舗でのコーナー展開などを目指す。

・極限度胸試し『高所恐怖SHOW』 1000円
・急滑降体感機『スキーロデオ』 700円
・スポーツ走行体験マシン『リアルドライブ』 700円
・ホラー実体験室『脱出病棟Ω (オメガ)』 800円
・VR鉄道運転室『トレインマイスター』 700円
・VRシネマティックアトラクション『アーガイルシフト』 700円

※料金は電子マネー「バナコイン」での支払となる

VRエンタメを今すぐ体感! ナムコが「VR ZONE」を期間限定オープン

《冨岡晶》

編集部のおすすめ

特集

コンシューマー アクセスランキング

  1. 話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

    話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる? その実態と現実を先駆者に聞く

  2. スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

    スマホゲームで「不正チート行為」多発、かつての“裏ワザ”は犯罪になる!

  3. 子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

    子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか

  4. <IT坊主の説話>洗脳か納得か「身口意(しんくい)」の意味を知る重要性

  5. IoTで社用車の安全管理…BIGLOBEのカーテレマティクスサービス

アクセスランキングをもっと見る

page top