【連載:すぐできるウェブ解析】ズバリ、今年の新卒採用は6月までが勝負! | 東京IT新聞

【連載:すぐできるウェブ解析】ズバリ、今年の新卒採用は6月までが勝負!

エンタープライズ 経営

ウェブ解析士協会による連載。本コーナーでは毎号、事例を元にした「ウェブ解析のTIPS」をお届けします。今回の執筆者は日本産業広告社の石原聖剛代表取締役。


●就活・採用計画はどう変わったか

2016年卒の新卒採用を計画されていた中小企業の経営者の方は、ずいぶんと苦労されたのではないだろうか? 今回のKPIは、新卒採用を成功させるために「どの時期に力を集中して採用活動(会社説明会)を開催するか!」とした。ウェブ解析で大切なことはKPIを決めるということだ。

一般的な就活生の動きについては、Googleトレンドの関連キーワード検索数を見て解るように、解禁の3月が一番多く、徐々に下がっていき8月~10月で一段落といった、採用スケジュール通りに検索増減が確認できる。多くの就活生が第一志望を大手企業の内定として動いているため、当然と言えるだろう。

一方で、中小企業である弊社が新卒採用を行なった結果と、独自の中小企業向けデータを見ると、一昨年の2015年卒の就活傾向は、12月の解禁と同時に活発な動きを見せるも、1月はガクンと落ちて、採用選考開始の5月以降11月まで緩やかに上がっていくといった傾向だった。実際に採用計画通りに3名を採用したが内定を出したのは11月で、大手企業の動きを見ながら採用計画を立てる余裕があった。

ところが、2016年卒は採用選考開始が3ヶ月後ろ倒しの8月になって、3月から5月までは緩やかに伸びつつも、既に6月からは就活の動きが緩やかに下がっていた。つまり仮説としては、多くの就活生が最低一社からは5月中に内々定や内定を貰っていたため、6月以降の動きが鈍ってきていたのだと予測される。実際に弊社は、大手企業の採用活動後に動こうと思い9月から力を入れ始めたが、時既に遅しで、採用計画通りの採用が叶わなかった。

●2017年卒採用のKPI

そんな中、2017年卒の動きを見ていると、1月から大きな動きが見られ、2月には既に昨年を上回る動きを見せているため、3月の解禁と同時に更に活発になり、6月の採用選考開始をピークに一気に活動が鈍化されることが予測される。就活生の内定辞退は恐いが、過去2年間のデータから、新卒採用に関しては6月までに勝負を掛けて内定を出すのが正解だと予想している。

今回のKPIは、新卒採用を成功させるために「どの時期に力を集中して採用活動(会社説明会)を開催するか!」とした。さて、吉と出るか凶と出るかは、皆さんの目で確かめてほしい。前回もあったが、ウェブ解析で大切なことはKPIを決め、「データの比較」「傾向の把握」「焦点の決定」をするということだ。

●悩む中小企業の経営者

筆者の会社は広告物や販促物の企画制作会社だが、クライアント先には中小企業や飲食店が多く、東日本大震災後に中小企業の経営者の方は人材採用に頭を悩まし、飲食店の経営者は割引戦略に頭を悩ませていたことから、2013年9月に「アルメン」というサイトを立ち上げた。アルメンという名称は“アルコール面接”の略で、飲食店で中小企業の社長と就活生がお酒を飲みながらホンネで面接をするサービスとして、「飲食業界への新しい需要」と「中小企業の人材採用」の両方を解決する策になると思っている。今回は、このアルメンのサイトデータから予測を立てた。

新卒市場は売り手となり、現在は様々な就活サイトも出てきて、就活生にとっては手段が多くなり就活がしやすくなったのではないだろうか。一方で少子高齢化が進む日本において、今後の労働力確保は深刻な問題だ。実に日本の97%以上が中小企業で、経営者は他人事ではなく悩んでいることだろう。

このような中小企業の問題を解決するべく、正社員、バイト、パート、インターンの採用を2500円から可能にした求人サービス「WHITE BOARD(ホワイトボード)」をスタートさせる。今後の採用において大切なことは、自社の理念に共感してくれる人材の採用だ。そのために中小企業は、無駄に求人サイトにお金を掛けるよりも、採用確率の高い求職者に対してお金と時間を掛けた方が、結果的に良い人材採用が出来るのではないかと感じている。

今月のポイント
★ウェブ解析で「問題発見」して「解決策」を見つけよう!
問題を発見せずして解決策は見つからないですから。

筆者プロフィール 石原聖剛(いしはら・きよたか)
有限会社日本産業広告社代表取締役。ビジョンに「未来常識を創造するミラクルアドベンチャー企業になる!」を掲げ、世の中に必要なサービスを考案中。2012年にウェブ解析士マスター取得。
●日本産業広告社
http://www.jia.co.jp
●アルメン
https://almen.jp
●WHITE BOARD(ホワイトボード)
https://white-board.ne.jp/com/
《石原聖剛》

編集部のおすすめ

特集

page top