世界中で使ってもらえる誇り…野崎友香さん【今週のエンジニア女子】 | 東京IT新聞

世界中で使ってもらえる誇り…野崎友香さん【今週のエンジニア女子】

エンタープライズ 企業動向

今週のエンジニア女子は株式会社ネットマーケティング、メディア事業本部の野崎友香(のざきゆか)さん、入社1年です。Facebookを活用した、日本最大級の恋愛マッチングアプリ「Omiai」を運営しています。


--- ご自身が携わっているシステムについて教えてください。

 主にAndroidアプリケーションの開発に携わっています。他にはデータ分析のためSQLを書いたり、WEB側の実装のためPHPを書くことにも挑戦しはじめています。

--- エンジニアを目指したきっかけを教えてください。

 幼い頃からものを作るのが好きで、中学時代にホームページを作成したことがきっかけです。実際に何かを作り、ネット上で公開してとてもやりがいを感じました。情報系を学ぶ大学へ進学・卒業し、今に至ります。

--- 他の職業では体験できないことはありますか?

 関わるプロジェクトにもよりますが、少人数(場合によっては1人)で開発したアプリでも、世界中の多くの人に使ってもらえる可能性があります。わたしも実際、過去に携わったアプリでそれを経験しました。プレッシャーを感じることもありましたが、とても誇りに思いました。アプリを公開して、ユーザーに喜んでいただけた時は、いまの仕事を選んで良かったと思います。

--- 業務の中で大事にしている点や、気をつけていることはなんですか?

 企画チームから仕様が共有されてその通りに実装するのが主な流れなのですが、コミュニケーションをよくとり、認識違いを起こさないよう仕様の意図や細かい部分まで確認するようにしています。

--- どういった方がエンジニアに向いていると思いますか。

 勉強が好きな方。向上心のある方。

--- 今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか。

 今はAndroidの開発がメインですが、サーバー側やiOSの知識も身につけ、幅広い実装ができるエンジニアを目指しています。作れるものが多い方が楽しいと思うので!

■ ひとくちメモ

Q. 貴方のビジネスツールで自慢の、またこだわりのあるものを教えてください
A. 集中したい時によくガムを噛んでいます!

Q. お仕事帰りに寄るお店(居酒屋など)とおすすめメニューを教えてください
A. 会社(東京恵比寿)の近くの「つなぎ」というラーメン屋さんによく行きます。そこの味噌ラーメンがとても美味しくて大好きです!

Q. よく遊ぶ場所(地域やお店などなんでも)
A. カラオケによく行きます!

Q. 好きな休日の過ごし方はなんですか?
A. お家でゴロゴロしながらネットで通販を眺めたり、映画を観たりです。

Q. 最近行ってよかった映画、展示会、ライブ
A. 出身大学のインダストリアルアート学部(自分は情報通信学部出身ですが)の卒業制作展示会に行きました。生徒それぞれの個性が光る作品が多く、とても刺激になりました。

Q. お仕事と関係のない、今はまっているアプリ
A.「カナヘイの大きなかぶ~旅するお野菜引っこ抜きゲーム~」 。カナヘイが描くゆるキャラ、ピスケ&うさぎのゲームです。一通りクリアしたのですが、今はひたすらレベル上げをしています。

Q. 理想の男性像を教えてください。
A. 程よい筋肉感の男性が好みです。例えて言うなら、レイザーラモンHGくらいの筋肉感とシルエットの男性が理想です。自分が男性なら、あれくらいの筋肉をつけたいです。

【今週のエンジニア女子 Vol.30】世界中で使ってもらえる誇り…野崎友香さん

《高木啓》

編集部のおすすめ

特集

page top