ウェブルートとアドソル日進、IoTシステムの安全・安心な運用に向け協業 | 東京IT新聞

ウェブルートとアドソル日進、IoTシステムの安全・安心な運用に向け協業

コンシューマー 産業のIT化

ウェブルート株式会社は6月30日、アドソル日進株式会社とIoT分野で協業を進めていくことで合意したと発表した。アドソル日進は、ビジネス、エネルギー、交通、通信、制御にかかる社会システム事業、OSカーネル技術をベースにした組込みやセンサーネットワークにかかるIoTシステム事業、次世代インフラにかかる次世代基盤システム事業を展開している。

この協業により、アドソル日進の国内法人のユーザは、ウェブルートの持つクラウド型製品によって高いセキュリティレベルであらゆるデバイスや通信を保護することが可能になる。特にIoTのデバイスやゲートウェイなどにもセキュリティソリューションを組み入れられるようになることで、現在あるいは将来構築されるIoTシステムの安全・安心な運用をサポートする。

また両社は、アドソル日進の提供するIoTプラットフォームや国内総代理店として提供するセキュアなセパレーション・カーネル・ハイパーバイザー「LynxSECURE」と連携、全方位での協業を行っていくとしている。

IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top