温湿度&光&音など環境情報を取得するセンサー&アプリ IoT市場向け | 東京IT新聞

温湿度&光&音など環境情報を取得するセンサー&アプリ IoT市場向け

コンシューマー 産業のIT化

 オムロンは温度や湿度、光、音など7種類の環境情報を取得できるBLEビーコン通信の対応無線センサー「環境センサー」 を、7月15日より法人向けに発売する。同時に企業のIoT市場への参入支援を目的として、事業プラットフォームの構築パートナーとしてニフティの「ニフティIoTデザインセンター」と連携することも発表した。

 「環境センサー」は縦46mm×横39mm×厚み14.6mm の小型パッケージの複合型センシングコンポーネントで、温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧、加速度をリアルタイムに計測する。計測したデータは無線ネットワーク経由でクラウドサーバー等に送られ、スマートフォンなどで遠隔管理を可能とする。

 また、ニフティIoTデザインセンターの協力の下、「環境センサー」に対応したスマートフォン用アプリもリリースする。

 アプリでは、計測情報の表示や過去履歴、それらを基に計算された「不快指数」「熱中症指数」などの表示と、スマートフォンへのプッシュ通知に加えて、クラウドサーバー経由で別のスマートフォンにも通知を行うことを可能としている。アプリに関しては、無料にて提供されるとのこと。

 いずれの製品も、これからIoTの導入を考えている法人、施設、IoT関連のサービス、製品の提供を考える法人向けの製品となる。

温湿度&光&音など7種類の環境情報を取得するIoT市場向けセンサー&アプリ

《防犯システム取材班/小池明》

編集部のおすすめ

特集

page top