クラウドに対応した、スマホの生体認証機能を活用した本人認証サービス | 東京IT新聞

クラウドに対応した、スマホの生体認証機能を活用した本人認証サービス

コンシューマー セキュリティ

大日本印刷株式会社(DNP)は7月14日、オランダのジェムアルト社と協業し、スマートフォンの生体認証機能を活用したオンライン認証サービスを開発、2016年12月よりクラウドサービスとして提供を開始すると発表した。DNPは、同社が取り組んできた本人認証サービスを一歩進め、ジェムアルトと協業し、海外のインターネットバンキングなどで実績がある同社のモバイル認証ソリューション「Ezio Mobile Suite」と、DNPの技術・ノウハウを組み合わせ、スマートフォンの生体認証機能を活用した本人認証サービスを開発したという。

同サービスは、スマートフォンやウェアラブル端末に搭載された生体認証機能を活用した、直観的でわかりやすい認証サービスとなっており、サービス開始当初は、指紋と顔画像による本人認証に対応する。利用する企業は、クラウドサービスとして、DNPが提供する本人認証の基本機能を組み合わせて利用できるため、新たにシステム開発などを行う負荷が軽減できる。セキュリティのレベルに応じて、この生体認証を従来のパスワードやICカードなど、他の認証方式と組み合わせるなど、安全性と利便性に配慮した認証サービスの設計の提案も可能としている。DNPは同サービスにおいて、2019年度までの4年間で約20億円の売上を見込んでいる。

クラウドに対応した、スマホの生体認証機能を活用した本人認証サービス(DNP、ジェムアルト)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top