前園真聖が発掘・発信、ECサイト「ダイバイヤー」 地方創生 | 東京IT新聞

前園真聖が発掘・発信、ECサイト「ダイバイヤー」 地方創生

コンシューマー EC

ECサイト「Daibuyer.tokyo」を運営するダイバイヤー制作委員会は21日より、夏のラインアップの販売を開始した。元サッカー日本代表前園真聖がEC総合商社「ダイバイヤー」の社長として、日本全国の良質な商品を発掘するとともに、地方創生を盛り上げるというのがサイトのコンセプトだ。

「Daibuyer.tokyo」は、フジテレビTV番組「#ハイ_ポール」と連動して、日本全国の「逸品」の販路開拓をサポートし、サイト内でも販売している。

この夏はトマト特集として、「トマトジュースと割って美味しいノンシュガー甘酒」(石川)、「桃太郎トマトが丸ごと一個入った“ひんやり”ゼリー」(岡山)、「ダイバイヤー限定トマトのキッシュ」(神奈川)などを販売する。

自身の年齢が40歳を超える前園はスイーツ男子として知られるが、美容によいと言われるトマトについて、「現役時代は全く気にしていませんでしたが、人前に出ることが増え、最近はスキンケアなど、美容にも興味が湧いてきちゃいました(笑)」と語り、新たな○○男子誕生を示唆した。

「Daibuyer.tokyo」は、前園と同世代の30~40歳代の男女をメインターゲットとし、かつ、「職人さんがこだわったものを世に出したい」という前園の意図を反映し、サイトで紹介している商品はストーリーをもち、生産者のこだわりや苦労など生産過程を理解した上で楽しめるという。


●石川:麹発酵玄米『玄米がユメヲミタ』
税込2938円(2本入り)
7月21日発売

通常の甘酒とは違い、酒蔵ではなく味噌・醤油蔵で発酵し、玄米と麹のみで作られている、ノンアルコール・ノンシュガーの玄米甘酒。農業生産法人である山燕庵が生産した、石川県産のブランド玄米「コシヒカリアモーレ」を使用している。

●岡山:桃太郎トマトを丸ごと使用『でざあととまと』
税込2700円(4個入り)
8月発売予定

三宅農園産「桃太郎トマト」を丸ごと一個使用したゼリー。農薬の使用を抑え、有機質肥料中心で栽培した桃太郎トマトの風味を生かした。柔らかいトマトと葛に似た食感のジュレとのマッチングが特徴。ただの甘いスイーツではなく、トマト本来の甘味を引き出したという。

●神奈川「湘南のしらす湘南のトマトのキッシュ」
3300円(6号18cm)
8月発売予定

湘南のしらすと土の香りがしっかりと残る湘南のトマト。湘南の老舗カフェ「カフェパンセ」が2つの湘南の素材を使キッシュに仕上げた。店舗で人気の商品を「Daibuyer.tokyo」限定で販売する。
《東京IT新聞》

編集部のおすすめ

特集

page top