Google検索アプリ、リオ五輪の情報を網羅的にピックアップできるUIに変更 | 東京IT新聞

Google検索アプリ、リオ五輪の情報を網羅的にピックアップできるUIに変更

プロダクト アプリ

 現地時間8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピックに向け、Googleは、Android/iOSデバイス向けGoogle検索アプリにおいて、イベントスケジュールや選手情報、30ヵ国以上におけるテレビの放送スケジュールがより直感的に調べやすくなるような体験を提供すると、公式ブログ上で明かしている。

 具体的には、気になったアスリートやスポーツに関する検索を行うと、自動的に出場情報やメダル獲得数、放送予定などのオプション情報が画像付きで表示されるようUIが変更されるため、大切な情報を見逃さずに済むようになる。また、オリンピックの公式放送局が持つハイライト映像を、YouTube上で閲覧することができるようになるという取り組みも新しい。この体験は、60ヵ国以上で体験可能となるが、日本がその対象国となるのかについては明かされていない。

 ストリートビューも、リオデジャネイロオリンピックに対応するという。ユーザーが世界中のどこにいても、現地の模様が楽しめるよう、Googleのトラッカーオペレーターたちが、360度画像を撮影し、ストリートビュー内の「Rio de Janeiro Highlights」ページにアップしてくれる。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ

特集

page top