地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供 | 東京IT新聞

地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供

コンシューマー セキュリティ

綜合警備保障株式会社(ALSOK)は8月16日、「地域金融機関向けサイバーセキュリティソリューション」を同日より提供開始したと発表した。重要室への不正な入室や情報持出しを監視する物理セキュリティに、標的型メール等によるウイルスの侵入を前提とした不正な通信の監視、PCのウイルスチェックやデータ暗号化といったITセキュリティ、さらに標的型メール訓練など役職員の教育を組み合わせワンストップで提供する。

具体的には、ネットワーク出入り口の同社による監視、内部においてはウイルス対策ソフト、ネットワーク分離システム、PC監視、データ暗号化、建物の出入り口では監視カメラ、出入管理システム、また標的型メール訓練、Web改ざん検知サービスといったラインアップとなる。物理とIT両面の管理委託を一本化し、少人数でも多層防御を実現できるとしている。価格はメニューにより異なる。同社では本ソリューションで初年度(2016年度)1億円の売上を目指す。

地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供(ALSOK)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top