約800のPマーク取得組織で2000件弱の個人情報事故 | 東京IT新聞

約800のPマーク取得組織で2000件弱の個人情報事故

コンシューマー セキュリティ

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は8月22日、平成27年度中に同協会および審査機関(平成27年度末現在18機関)に報告があったプライバシーマーク付与事業者(付与事業者)の個人情報の取扱いにおける事故についての概要を発表した。発表によると、平成27年度には796付与事業者(前年度は768)から1,947件(同1,646件)の事故報告があった。特に報告件数が20%弱増加している。

事故の原因は、「紛失」(22.2%)が最も多く、次いで「メール誤送信」(20.9%)、「封入ミス」(17.1%)、「宛名間違い等」(15.9%)と続いた。前年度から「紛失」「宛名間違い等」の割合は減少したが、「メール誤送信」「封入ミス」は増加している。原因の「その他」では、「目的外利用」が前年度より大幅に増加(11件から22件)したが、「内部不正行為」は前年度より若干減少した。また、盗難・紛失の媒体ではスマホを含む携帯電話やノートPC・タブレット端末が増加、平成25年度には過半数を占めていた書類の割合46.9%にまで減少した。

約800のPマーク取得組織で2千件弱の個人情報事故、前年より2割弱増加(JIPDEC)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top