GMOペイメントゲートウェイ、マレーシアのSMSモバイルソリューション・キャリア課金事業会社を子会社化 | 東京IT新聞

GMOペイメントゲートウェイ、マレーシアのSMSモバイルソリューション・キャリア課金事業会社を子会社化

エンタープライズ 企業動向

オンライン事業者や月額料金課金型の事業者、公的機関などに向けて総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ(東京都)は、アジアを中心に12の国・地域に拠点を置き、銀行・企業向けSMSモバイルソリューション・キャリア課金代行事業を行うMACRO KIOSK Berhad(マレーシア、売上高23億円、営業利益8千万円、純資産4千万円、以下MacroKiosk社)の株式70.0%を取得し、子会社化した。
GMOペイメントゲートウェイは、MacroKiosk社とのシナジーを発揮し、日本のEC事業者の海外進出支援から現地銀行・大手企業への決済サービス等の提供により、東南アジアにおける事業領域を拡大していくとしている。
株式取得価額は約11億円。
株式譲渡実行日は平成28年8月30日。
MacroKiosk社の資本金の額が、GMOペイメントゲートウェイの資本金の額の100分の10以上に相当するため、株式取得後にMacroKiosk社はGMOペイメントゲートウェイの特定子会社となる。

GMOペイメントゲートウェイ<3769>、マレーシアのSMSモバイルソリューション・キャリア課金事業会社を子会社化

《M&A Online》

編集部のおすすめ

特集

page top