メドピア、クックパッドよりダイエット指導サービス提供会社を譲受け | 東京IT新聞

メドピア、クックパッドよりダイエット指導サービス提供会社を譲受け

エンタープライズ 経営

医師集合知サービス・医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア(東京都)は、約1500人の管理栄養士ネットワークを活用した、管理栄養士によるパーソナルダイエット指導が受けられるコンシューマー向けの事業や、健康保険組合や企業向けの特定保健指導事業を展開するクックパッドダイエットラボ(東京都、売上高1億円、営業利益△7千万円、純資産0百万円)の株式84.7%をクックパッド(東京都、純資産233億円)から取得し、子会社化することについて決議した。
メドピアは、従来の医師の支援のみならず、医師ネットワークを活用した遠隔医療サービスなどコンシューマー向けの支援へと事業拡大を図っており、ここに食のスペシャリストである管理栄養士ネットワークを組み合わせることで、より多角的なサービスを提供することが可能となり、メドピアグループとして医療・ヘルスケア全体を通じた総合的なサービス開発をこれまで以上に推進できるとしている。
株式取得価額は2億円。
株式譲渡実行日は平成28年10月1日。

メドピア<6095>、クックパッド<2193>よりダイエット指導サービス提供会社を譲受け

《M&A Online》

編集部のおすすめ

特集

page top