電算システム、位置情報・情報分析サービス提供会社を子会社化 | 東京IT新聞

電算システム、位置情報・情報分析サービス提供会社を子会社化

エンタープライズ 経営

情報サービス事業、収納代行サービス事業やクラウドサービス事業(グーグルアップス等のクラウドサービスライセンス提供、周辺サービス開発、Chrome(TM) 製品販売はじめ、自社データセンターにて、仮想化基盤による各種クラウドサービスなど)を行う電算システム(岐阜県)は、位置情報サービス(グーグルマップなどのWeb 地図サービス上で展開する人と物の位置に関する各種情報サービス)と、情報分析サービス提供会社ゴーガ(東京都、売上高7億円、営業利益3千万円、純資産9千万円)の株式51.08%を取得し、子会社化することについて決議した。
電算システムとゴーガは、グーグル企業向けサービスにおいて補完関係にあり、また顧客企業も重複が少ない状況であり、グループ化をすることでグーグルクラウドサービスのワンストップ化と既存サービスとの連携によるシェアの拡大、他社にないサービスの提供等により新規顧客の獲得も大きく期待できる。また、ゴーガは情報分析事業でも多数の顧客を有しており、電算システムのERP 事業やその他事業領域においても今後クラウドサービスの主流になり得るビッグデータ、IoT、AI 事業においても新たなブランド作りができるとしている。
株式譲渡実行日は平成28年10月3日。

電算システム<3630>、位置情報・情報分析サービス提供会社を子会社化

《M&A Online》

編集部のおすすめ

特集

page top