「どんちゃんねぶた」で情報モラルの実施を呼びかけ | 東京IT新聞

「どんちゃんねぶた」で情報モラルの実施を呼びかけ

コンシューマー セキュリティ

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は9月27日、活動報告として株式会社バンダイナムコエンターテインメントと共同で、同社が製作した「どんちゃんねぶた」を活用した普及活動を実施したと発表した。「どんちゃんねぶた」は、「太鼓の達人」シリーズに登場するキャラクター「どんちゃん」のねぶた。

これは、8月2日から7日まで開催された「青森ねぶた祭2016」において、参加団体のひとつである青森市PTA連合会と連携し、犯罪防止キャンペーンを実施したというもの。本年新たに制作された「どんちゃんねぶた」が、青森県が独自に設置している少年警察ボランティア「JUMPチーム」により運行され、情報モラルの実施を呼びかけながら運行コース約3キロを2時間程度練り歩いた。また、青森市立南中学校での情報安全教育セミナーを開催したことも報告している。

「どんちゃんねぶた」で情報モラルの実施を呼びかけ(ACCS)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top