企業向けモバイルセキュリティ市場、2015年の56億円から2020年には118億円 | 東京IT新聞

企業向けモバイルセキュリティ市場、2015年の56億円から2020年には118億円

コンシューマー セキュリティ

IDC Japan株式会社は10月25日、国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の2016年~2020年の予測を発表した。同社では、企業向けモバイルセキュリティ市場を「モバイルエンタープライズセキュリティ市場」として、モバイルアイデンティティ。アクセス管理、モバイルセキュアコンテンツ・脅威管理、モバイルセキュリティ・脆弱性管理、その他モバイルセキュリティに分類している。

同市場は、2015年は56億円(前年比21.3%増)となり、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は16.1%、2020年には118億円に拡大すると予測している。同市場では、売上額の5割近くをモバイルセキュアコンテンツ・脅威管理が占め、マルウェア対策ソフトウェアや不正アクセス防止、情報漏えい防止の機能を備えたセキュアブラウザやセキュアメーラーなどへの高いニーズが市場をけん引するとみている。

また、企業のクラウドサービスの利用拡大により、今後は利便性が高くモバイルデバイスに最適化されたモバイルアプリケーションの活用が拡大し、グループウェアなどの情報系システムから基幹システムまでモバイルデバイスの活用が広がり、モバイルアプリケーションへのアクセス管理やアプリケーション間のシングルサインオン(SSO)連携、生体認証やリスクベース認証などを組み合わせた多要素認証といったアイデンティティ・アクセス管理とモバイルアプリケーションの脆弱性管理へのニーズも高まるとみている。

企業向けモバイルセキュリティ市場、2015年の56億円から2020年には118億円(IDC Japan)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top