LINE騙るフィッシング確認、「安全確認」が件名のメールに注意 | 東京IT新聞

LINE騙るフィッシング確認、「安全確認」が件名のメールに注意

コンシューマー セキュリティ

フィッシング対策協議会は10月31日、LINEを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。これは「LINEーー安全確認」という件名のメールで、アカウントが異常にログインされたとして、ログインして本人のログインであるかを確認するようにと、リンクをクリックさせようとする。過去にNCSOFTやNEXONを騙る手口で使用されている文面。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://line.me.login.●●●●.pw/dialog/oauth/weblogin.htm

同協議会によると、10月31日11時00分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(ID、パスワードなど)を絶対に入力しないよう呼びかけている。

LINE騙るフィッシング確認、「安全確認」が件名のメールに注意(フィッシング対策協議会)

《吉澤 亨史》

編集部のおすすめ

特集

page top