ドワンゴの人工知能、囲碁ソフトと対局! 趙治勲名人「鉄腕アトム相手に打つ感覚」 | 東京IT新聞

ドワンゴの人工知能、囲碁ソフトと対局! 趙治勲名人「鉄腕アトム相手に打つ感覚」

プロダクト アプリ

 日本発の囲碁AIと、トップ棋士が対局する「第2回囲碁電王戦」が開催される。ドワンゴが公益財団法人 日本棋院と協力して開発したコンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」が対戦するのは、日本囲碁界を代表するトップ棋士の趙治勲名誉名人。ハンデなしの三番勝負で決着がつけられる。日本棋院市ヶ谷本院にて9日、記者説明会が行われた。

 世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指した「DeepZenGoプロジェクト」は、3月に始動。9月には、棋力(囲碁の実力)の指標となるレーティングが3000まで急上昇。このことからプロ棋士と対局できると判断し、11月19日、20日、23日に三番勝負を行うことが決定した。全対局の模様はニコニコ生放送で完全中継される。

 コンピュータ囲碁ソフトをめぐっては、2016年3月に韓国・ソウルで行われた対局においてトップ囲碁棋士の李世ドル氏が人工知能囲碁「AlphaGo」に敗れたことが世界的にも話題になった。これについて、開発チームの尾島陽児氏は「トップ棋士が負ける日が、意外とあっさり来てしまい少々残念。しかし、ソフトの開発が停滞気味だったので良い刺激になった」とビデオメッセージを寄せた。

 AlphaGoを追いかける形になったDeepZenGoだが、既述の通り、この数ヶ月でレーティングが急上昇している。ドワンゴの川上量生会長によれば「すでに昨年時のAlphaGoには勝てる状態」だという。AlphaGoとDeepZenGoは何が違うのだろうか?尾島氏と共に開発に携わる加藤英樹氏は「機械学習のさせ方、ネットワークの構成、新しい技術の取り込み方など、AlphaGoとは思想がまるで異なる。AlphaGoは、どちらかというと戦いを避ける棋風。DeepZenGoには、そのようなところがない」と説明した。

 川上会長は「ドワンゴではこれまで、人間vsコンピュータの将棋大会などを行っており、囲碁大会も開催したいと思っていた。第2回囲碁電王戦は、DeepZenGoがプロ棋士と対戦できる実力になったことを示すための対局。世界的に知名度のある方、現役でトップレベルの実力の方、コンピュータとの対戦など新しいことにチャレンジする意欲のある方、という点を考慮した結果、趙治勲先生にお願いできることになり嬉しい」と笑顔をつくった。

■対戦相手に、早くも火花?

 プロジェクトを代表して、加藤氏は「対局まであと10日間、できる限りのことをする。勝負は時の運、と先に言い訳はしておきたい。昨年、趙治勲先生にDeepZenGoの対局をみていただいたとき、”10年早い”などとケチョンケチョンに言われた。そういう経緯もあり、今回はDeepZenGoでケチョンケチョンに負かすのが恩返しだと思っている」と挨拶。

 これに対し、趙治勲名人は「口は災いのもとで、いまとても後悔している。でも、そのような形での恩返しは結構です。今年3月の時点では、囲碁を覚え始めた小学生のかわいい坊やくらいだったのが、いまや大学を卒業した博士という印象。憎たらしい。実際に碁の内容を見たが、めちゃくちゃ強い」と危機感を募らせる。そのうえで「ボクはもうちょっと、あと50年くらいは生きたい。だから、ここでコンピュータに負けるわけにはいかない。ただ、そろそろ人間と碁を打つのも飽きてきた。コンピュータ相手に打つのをとても楽しみにしている」と終始笑顔で応じていた。

 将来的な目標について、川上会長は「今回の対局後も、人間との戦いを続けていきたい。AlphaGoにも挑戦したいし、競合する囲碁ソフトとの対局にも挑みたい」と説明。また、対局をニコニコ動画で生放送する意義については「ドワンゴでは昔から、囲碁・将棋をネットで盛り上げることを目指している。ネットと囲碁の親和性は高く、そこから若い囲碁ファンなども出ている」と説明した。

■まるで鉄腕アトムと碁を打つよう

 力試しのため、プロ棋士と対局するDeepZenGo。では趙治勲名人は、何のためにDeepZenGoと対局するのだろうか?囲み取材で、名人は「こういうソフトが強くなることに喜びを感じている。鉄腕アトムのファンだったので、まるで鉄腕アトムと碁を打っているような感覚。私は、李世ドルとも打ったことがある。人間と違い、コンピュータはこちらの誤魔化しに乗ってくる相手じゃない。そういったことを、今回の対局で身をもって知りたい」とコメント。

 また「人が、人工知能に勝てないのは当たり前。人工知能は24時間、精進する。お酒も飲まなければ、ゴルフもしない。寝もしない。コンピュータを前にして、人間は勝てるよう努力する。もっと高い次元を目指して勉強するようになるのでは」と説明。人間とコンピュータを混ぜたトーナメントを開催するのもおもしろい、とも提案していた。

 このほか「碁の世界では、初段には初段の、五段には五段の楽しみ方がある。ポケモンGOは手にしたその日から、世界中の人が楽しめるが、碁は勉強しないとおもしろくない。こういう碁が強いコンピュータが世の中に出てきたら、アマチュアでも簡単に碁を教えてもらえる」との見方も示した。

 対局を前に、プレッシャーや迷いはなく、「ただ楽しい気持ちしかない」と話す名人。しかし、日本棋院が対局の行方を心配している空気を感じるという。「日本棋院から、持ち時間を3時間に延ばしてもらった方が良いんじゃないですか、秒読みも3回じゃなくて5回の方が、対局の日程も間隔をあけた方が良いのでは、などと言われた。いろいろと情報を集めた日本棋院が、どうも俺が勝てないと踏んだらしい。俺がそれで良いと言ったんだから良いんだバカヤロウ、と言い返した」と大笑いしていた。

ドワンゴのAI囲碁ソフトがプロ棋士と対局!趙治勲名人「鉄腕アトム相手に打つ感覚」

《近藤謙太郎》

編集部のおすすめ

特集

page top